こいつの部下にはなりたくない!ダメな上司あるある5選!






仕事をしていて、尊敬できる上司もいれば、尊敬できない上司もいますよね。

そこで「こいつの部下にはなりたくない」という上司あるある5選をご紹介します。

1、同じことを長時間繰り返し話す

何度も聞いたことを何度も何度も話し、しかも話が長い。

そうなると部下は自己否定をするようになり、仕事への活力がなくなります。

2、現実的ではないノルマを課す

どう考えても現実的ではないノルマを達成しろという上司。

結果、当然ノルマは達成できない。

ノルマを達成できない部下を上司が責める。

部下はノルマも達成できないし、上司にも怒られてやる気をなくす。

こんな悪循環がうまれます。

3、良い部下と悪い部下を比較する

なんであいつはできるのにお前はできないんだ!

と責める上司がいます。

優秀な部下を基準に考えて、それを「標準」に設定する上司。

あくまで標準値は平均値でないといけません。

4、自分の価値観を押し付ける

終電まで仕事をするのが有能なビジネスマン。

例えばこんな考えを部下にも強要する上司。

仕事のルール、やり方は人それぞれです。

しっかりとやるべきことをやっていれば、上司のルールに従う必要はないのです。

5、威圧的なパワハラをする上司

机を叩いたり、モノに当たったり暴言を吐く。

これは完全にパワハラです。

威圧的な態度をしてくる上司は無能な上司です。

そんな人についていってはいけません。




sponserdlink

攻める上司、詰める上司は無能な上司です!勘違いしている上司!

威圧的な人ほど臆病者だから恐る必要はない!弱い犬ほどよく吠える!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト