攻める上司、詰める上司は無能な上司です!勘違いしている上司!






上司といってもそれぞれですよね。

問題になる上司というのは、ミスをした場合に執拗に何度も長時間叱責する上司です。

もちろん、ミスをすることはいけないことです。

反省をする必要があります。

ただ、あまりに執拗に長時間叱責すると部下は合理的な考えや判断ができなくなります。

責める上司、詰める上司が長時間責め続けると、部下は自分で判断をしなくなります。

このような状況を「学習性無力感」というようです。

そうなってしまうと、思考が停止してしまい、また同じミスをするようになるのです。

つまり最初のミスは部下のミスかもしれませんが、それを執拗に責めてまた部下が同じミスをするのは部下だけの責任ではなくて上司の責任でもあるのです。

教育を「責める」「詰める」と勘違いしている上司の場合は、このような「無力感部下」が出来上がってしまいます。

部下のミスを怒るのは上司として当然ですが、怒る時も威圧的に責めずに、なぜミスをしたのか、今後どうするべきなのかをしっかりを考えさせるようにしましょう。

まずはこちら!3万5千人が読んだ電子書籍を無料プレゼント!

もう嫌!絶対に転職する!と本気で考えている人はこちら

収入に不満がある!という人はこちら

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト