「仕事辞めたい」と感じた時、本当の「辞め時」とは?






誰でも一度は「仕事辞めたい」と思った事があるでしょう。

誰もが一度は抱えるこの悩みは、一体どのような場面で起こるものなのでしょうか。

また、仕事を辞めるべきか、辞めるべきではないのか、どのようにして見極めればいいのでしょうか?

まずはこちら!3万5千人が読んだ電子書籍を無料プレゼント!

 

誰もが一度は抱える「仕事辞めたい」という悩み

社会人として会社勤めをしていると、必ず一度は「仕事辞めたい」と思う時があるものです。

働かずにお金を稼ぎたい、仕事せずに悠々自適な生活を送りたいと、と誰しもが考えます。

そもそも何故このような考えが起こるのか、根本的なところに目を向けてみると、「労働」というものはあくまでお金を稼ぐための手段であり、自ら率先して行いたいものではないという事が大きな理由でしょう。

人がやりたがらない事をやるからこそ利益として成り立つのですから、当然といえば当然ともいえます。

仕事として課せられた作業の中には、あなたの意に沿わないというものも少なくないでしょう。

どんなに憧れて入ったような会社でも、その実態とのギャップに苦しむ事も多いです。

苦痛を感じるような事があれば、そこから逃れたいと考えるのはごく自然な事です。

ここで考えなければならないのは、「仕事辞めたい」と誰もが考えるその悩みに対して、どのように向き合っていくかという事です。

実際に会社を辞めるのはとても簡単です。

ですが、仕事を辞めたあとはどうしますか?

辞めた会社に戻る事は一般的には不可能です。

ですが、辞めてしまった後、「やっぱり辞めなければよかった」と後悔する人は非常に多いのです。

辞めてから後悔する事のないように、今あなたの置かれている状況とよく向き合って、会社を辞めるべきなのか、辞めるべきではないのか、よく見極める必要があります。

重要なのは、あなたの選択した未来で、何よりあなた自身が幸せに笑っていられるかどうかという事です。

多くの苦難を乗り越えた暁には、あなた自身、大きく成長したという実感が得られるでしょう。

もう嫌!絶対に転職する!と本気で考えている人はこちら

 

仕事を辞めたい理由とは

「仕事辞めたい」と思う理由やタイミングは人それぞれ異なります。

実際に社会で働いている方は、どのような理由で仕事を辞めたいと考えているのでしょうか?

 

人間関係

社会に出るまでは、学校で仲の良い友人との時間を過ごす事ができます。

似たような考え方、似たような趣味の友人と一緒に時間を過ごすのは、とても心地の良いものです。

一方、会社はそうではありません。

気に食わない相手が隣の席にくる場合もあれば、嫌味な上司にパワハラやセクハラをされるという場合もあります。

会社での人間関係で悩む人が多いのは、一緒にいる相手をあなたの行動で選ぶ事ができない為です。

職場に馴染めず孤立してしまうなど、人間関係で悩む人は決して少なくありません。

人間関係で大きなストレスを受けると、うつや神経症といった精神的な疾患を引き起こしてしまう原因となります。

たかが人間関係と侮れっていいものではありません。

 

様々なハラスメント

仕事上の人間関係の悩みで特に多いケースとして、上司からの様々な「ハラスメント」の存在があります。

大きく「パワハラ」と「セクハラ」の二種類が存在します。

パワハラとは、上司が権力を行使して部下に対し無理難題を言い渡すといった暴挙的な言動の事を指します。

単にパワハラといっても様々な種類が存在し、身体的暴力などは目立ちやすいパワハラですが、その他、パワハラとして扱われるようなものでも、受けている本人がパワハラと自覚していないというケースもあります。

特に精神的な暴力。

長時間に及ぶ説教や、同僚の見ている場での叱責、「馬鹿」「間抜け」といった悪口もパワハラです。

その他、一人だけ別室で仕事するように命じられる、送別会等に誘われない等、意図的に人間関係の切り離しが行われる場合も。

また、一人では到底処理できないような仕事を押し付けられるというケースや、総合職として入社したにも関わらずごみ捨てや草むしりと言った過小な仕事を押し付けられるといったケースや、プライベートに口出しされるという場合もパワハラに当たります。

セクハラとは、異性に対して性的な嫌がらせを行う事を指します。

ボディータッチや、いやらしい言葉を言われるといったケースがこれに該当します。

上司からこのような嫌がらせを受けた場合には、他の上司や人事等に相談するようにしましょう。

この時、メールの履歴や、実際の上司とのやり取りを録音するなど、データとして記録しておくと有利に運びます。

 

同僚との人間関係

同量と中々打ち解けられないというケースでも、仕事を辞めたいと考える原因となり得ます。

特に中途採用等で入った会社などでは、一緒にランチに行くグループ等が既に完成しており、そこに入っていく事が難しいというケースも珍しくありません。

ランチに誘われないからといって、相手からのリアクションを期待してはいけません。

このような場合では、自分から声をかけて、ランチや、仕事帰りの夕食に誘うなど、積極的に行動に移す事が重要です。

 

いじめ、嫌がらせの問題

最も悪質であり、かつ解決が困難であるのが、職場での「いじめ」「嫌がらせ」です。

ブラック企業と呼ばれるようなタイプの企業では特に顕著な傾向にあり、いじめが常習化しているような環境は特に厄介です。

このような場合はお局様など、日頃のストレスや鬱憤を晴らす為のターゲットとして狙いを定められてしまったというケースも。

このような環境を打破する事は難しく、部署変更や転職を検討した方がよいケースもあります。

 

仕事に対する不満

人間関係の次に多い転職理由として、「仕事に対する不満」があります。

たとえば仕事内容に見合った報酬が支払われておらず、正当な評価をしてもらえない。

勤務時間や社風など、会社に対する不満を挙げればキリがありません。

ですが、不満というものは仕事に対する希望、期待があるからこそ起こるものです。

妥協するべきなのか、妥協できないのであれば会社を辞めるべきなのか、社長や上司に直談判できるような関係であれば相談するなどといった対策が必要になります。

 

給料に対する不満

労働に対する対価が「給料」です。

もらえる給料が少ないと、自分の仕事が認められていないように感じ、また、「頑張っても意味がない」という思いに発展します。

自分の能力の高さに対して給料が見合っていないと感じるのであれば、転職も視野に入ってくるでしょう。

ただし、仕事を辞めてから仕事を探したとして、今の会社よりも給料の良い会社に入れるとは限りません。

その為、転職先を見つけてから会社を辞めるという流れがベターです。




sponserdlink

勤務時間に対する不満

会社に長時間にわたって拘束されるような仕事では、身も心も強いストレスを受けて壊れてしまう原因となります。

このような状況では仕事のパフォーマンスも落ち、気持ちも滅入ってしまいます。

さらに、残業の多い会社や、サービス残業があるといったケースでは、プライベートの時間も減って、家族や友人、恋人との不仲の原因となる場合も。

仕事の為に自分にとって本当に大切な人達と過ごす時間を犠牲するべきなのか、よく考えなければなりません。

 

社風に対する不満

もし職場の社風が自分に合っていなければ、その会社にいるだけでもストレスを受けてしまいます。

例えばあなたが顧客とじっくり向き合って時間をかけて関係を築きたいと考えていたとしても、会社の方針がそれを許さないという場合もあります。

また、サービス残業も当たり前のように行い、まるでそれが当然と言わんばかりの、仕事に対して情熱的な社員ばかりといった会社も存在します。

もしも社風が自分に合わなかったとしても、給料等の待遇面が充実している等、自分にとってメリットがある状況など、すぐさま辞める必要はない場合もあります。

ただし、自分の信念を曲げてまで会社に尽くす必要性は全くありませんから、よく自分の心と向き合ってみましょう。

収入に不満がある!という人はこちら

 

仕事に疲れてしまって、もう限界

どんなに頑張って仕事をやってきても、ふとしたきっかけで急に気持ちが折れてしまうという場合もあります。

限界を迎える前に、何か出来る事はなかったのでしょうか?

そして、今の仕事を続けるべきか、辞めるべきなのか、何を基準に判断すればいいのでしょうか?

肉体的・精神的なストレスが不調として表面に現れた時、それは非常に大きな危険信号です。

これを放置したままでいると、身体や心を壊してしまい、取り返しがつかない状況に陥ってしまいます。

時には辛い環境から逃げ出す決意をする事も大切です。

会社にいいように利用されない為にも、時には退く一歩を踏み出す勇気も必要なのです。

 

肉体的な不調の問題

仕事が原因で体調を崩してしまい、調子が中々元に戻らない。

そんな時に無理をして働いても、悪化する一方です。

このようなケースではしっかりと現状を伝え、仕事量を減らしてもらう等、調整をしてもらわなければなりません。

それがならないというのであれば、あなたの命を削ってまで仕事に尽くす必要は一切ありません。

会社を辞めてしまって、充分に休養を取る事も視野に入れましょう。

投資(株、FX、不動産)に興味がある!という人はこちら

 

精神的な不調の問題

不定愁訴で済んでいる分には、休養すれば健康状態も元に戻るでしょう。

ですが、もし「うつ」や「パニック障害」といった症状に発展してしまった場合、元の状態まで戻すことは非常に困難です。

これらは完治の難しい症状です。

もし病院でこのような診断を受けた場合、まずは会社に相談しなければなりません。

そこで様々なサポートをしてくれるような会社であれば、残る価値もあるというものですが、そうでなければ、病気の原因である会社とはきっぱり縁を切った方が良いです。

注意しなければならないのは、「うつ」や「パニック障害」といった症状は再発の危険性も高く、原因を突き止めなければ、転職したとしても転職先の会社でもまた同じような状態になってしまう可能性があるという事です。

上司や同僚等の人間関係や、長時間残業が原因だとすれば、それらのストレスが無い場所に行かなければなりません。

会社員に人気の投資(投資信託系)はこちら

 

辞めるべきではないケースとは?

社会人であれば誰しも一度は「仕事辞めたい」と思うものです。

ですが、辞めてから後悔する人も少なくありません。

では、仕事を辞めない方が良い時とは、どういったケースなのでしょうか。

もし漠然と「つらい」「辞めたい」と思っているという人の場合、今自分が本当に会社を辞めたいと思っているのか、今の会社にいて問題を解決する事ができないのか、よく考えてみましょう。

例えば人間関係で悩みを抱えているのであれば、まずは自分自身、同僚や上司との接し方をよく考えてみましょう。

それでも難しいというのであれば、上司や人事に部署移動を届け出るという選択肢もあります。

もし部署移動が叶うのであれば、最小限の労力で大きく状況を改善する事ができます。

給料の安さが問題ならば、まずはあなたの仕事が一般的にどのような評価を受けているのか調べてみてください。

もし本当に割が合わない仕事をさせられているという事がわかれば、その時に改めて転職を検討しましょう。

もし、転職せずとも、今の会社にいて「仕事辞めたい」と思わせている原因を解消する事ができる可能性があるのであれば、まだ辞めるには早いかもしれません。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

 

仕事よりも何よりも、まずはあなたの心身の健康が第一!

「仕事を辞めたい」と感じた時でも、必ずしも辞め時とは限りません。

ですが、辛い思いをしながら毎日8時間(あるいはそれ以上)の時間を過ごさなければならない状況というものは耐え難いものです。

さっさと仕事を辞めてしまうというのも、今の状況を打破する方法の一つです。

大切なのは、結局あなたが幸せになれるのか、という事です。

今の仕事を続ける事であなたの心身の健康が損なわれるという事であれば、自分自身で身を守らなければなりません。

出勤しようとするとめまいや吐き気がしたり、頭痛がするといった不調が実際に表れているという事であれば、すぐにでも今の仕事を辞める決断を下しましょう。

ただし、もし漠然と「辞めたい」と考えているだけであれば、それは社会人であればだれでも感じるものです。

時間が解決してくれるのを待っても構いませんし、あるいは解決できる可能性があるような問題であれば、自ら行動を起こしていきましょう。

同僚や上司に相談してみたり、過剰な仕事は思い切って断ってみたり、業務内容を見直してみたり、あなたが今置かれている状況を冷静に見まわしてみれば、まだまだ出来る事が見つかるかもしれません。

会社は1日の大半の時間を毎日のように過ごす場所です。そこには人間関係の問題や、仕事上のトラブルなど様々なドラマがあります。

そんな仕事の中で、やりがいを見つけるという事もあるでしょう。

また、正当な報酬が支払われているのであれば、もうちょっと頑張ってみるというのもいいでしょう。

そして、もし肉体的、あるいは精神的に限界がきたなら、きっぱりと仕事を辞めて休養してください。

何よりも、あなた自身の心身の健康が大切なのです。




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト