会社辞めたいと思った時の、辞めるタイミングの考え方について






会社を辞めるタイミングや、次の職場を探す転職活動のタイミングによって、退職までのスケジュールは大きく変わってきます。

それぞれのタイミングで、辞めるまでにやるべき事を逆算し、スケジュールを組んでみましょう。

会社を辞めるタイミングとしては、大きく3つのケースが考えられます。

・転職先を決めてから会社を辞める

・会社を辞めてから転職活動をする

・会社を辞める手続きと並行して転職活動をする

それぞれのタイミングについて、メリットやデメリットを詳しく解説していきます。

 

転職先を決めてから会社を辞める

会社を辞める前に転職先を決めておくと、退職後無職になってしまうリスクはありません。

また、自分の納得のいく仕事が見付けるまで探す事ができるというメリットも大きいです。

早い段階から次の職場を探し出して、それから今の会社を辞めたいという場合には、転職エージェント等を通し、転職活動のサポートをしてもらいましょう。

在職中から転職活動をする人には、転職エージェントは非常に効果的です。

仕事の合間などを考慮した面接日程の調整、履歴書の添削や、給与の交渉といった面倒な手続きを無料でサポートしてもらう事ができる為です。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

会社を辞めてから転職活動をする

充分な貯金があり、自分のスキルに自信があって、次の就職先がすぐに決まる見込みのある、優秀な人材という場合であれば、辞めてから転職するという方法でも問題はありません。

ただし、一定期間収入がゼロになるというリスクがつきまといます。

その為、今すぐ辞めたいと思っている人の場合、自分の市場価値はどれほどなのか、充分な貯金があるのか、という事をよく検討してみましょう。

「会社辞めたい」と思った時の為の退職手順5つのステップとは?

会社を辞める手続きと並行して転職活動をする

もし次の就職先が決まる前に会社を辞めた場合一定期間収入がゼロになるという事には大きな不安がつきまといます。

今の会社を退社するまでに無理やりにでも決めておかなければならないといけないと感じ、自分の理想の会社とは異なる会社に無理やりにでも就職を決めてしまうという人がいます。

ですが、転職して、入りたくもないような会社で働くという事は、全くの本末転倒です。

もし辞めるまでに就職先が決まらなかったら、という無職になってしまうというリスクもあります。

安全に転職したいと考えるのであれば転職エージェントを利用する事をオススメします。




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト