「会社辞めたい」と思った時の為の退職手順5つのステップとは?






「会社やめたいけど、辞める勇気が湧かない」

「そもそも退職方法がわからない」

会社を辞める際には、ちょっとしたコツと、少しの勇気が必要になります。

実際、会社ってどやって辞めたらいいの?

会社を辞めたいと思っても、まず何から手をつければいいのでしょうか?具体的には、以下のようなステップが必要になります。

1辞めた後の事を考える

2退職の意志を伝える

3退職手続き

4引き継ぎを行う

5退

まずは上司に退職の意志を伝え、上司から部長、社長へと相談する形となります。

この時、何度かの面談を行い、その後退職が決まるというケースが一般的です。

業務内容にもよりますが、引き継ぎに時間がかかるケースや、上司に退職を認めてもらうまで時間がかかるという場合があります。

よく1~2ヶ月前から相談した方がいい等と言われますが、正社員の場合、労働基準法では辞めたい日の2週間前に退職の意志を伝えれば辞める事ができるようになっています。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

退職時の注意点

ここで注意しなければならないのは、退職する事が決定した場合、まずは「退職願」を提出するという事です。

一般的には退職願いの受理ののち、退職届を提出する形になります。

会社側は「退職届」の提出を受けて初めて、退職手続きを進めてくれるようになります。

その他、有給休暇を残したまま辞めるという人もいますが、有給休暇は全て使い切ってから退職しましょう。

また、繁忙期に退職の意志を伝える事は避けた方が無難です。

忙しさのあまり、退職する話辞退を忘れ去られてしまうという可能性もあります。

あなたの中で、切りのいいタイミングかどうか、という点も重要です。

例えば「今担当している仕事が片付いたら」「貯金が○○円貯まってから」など、様々な観点から検討してみましょう。

加えて、転職に成功しやすい時期はいつなのか、という点もよく考えなければいけません。




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト