会社を辞める時に引き止められない3つの退職理由について!






会社を辞める時、上司に引き止められるという事であれば、上司が納得せざるを得ない理由を考えてみましょう。

本当の理由を言っても良い場合というのは、以下のようなケースです。

・資格取得の為の勉強をしたい
・留学が決まった
転職先が決まった

このように、前向きな理由で退職後の予定が決まっている場合には、本当の退職理由を言ってしまっても構いません。

ですが、労働時間や労働環境に不満があり辞める場合、本当の退職理由を伝えると、改善策を提案され、結局会社を辞め辛くなってしまうという場合があります。

相手に「そういう事情なら辞めるのも仕方ない」と納得させる、説得力のある理由で退職の旨を伝えましょう。

今の会社を辞めないで済ませる方法はない?転職がうまくいかないかも!

 

経済的な理由

まず、企業としては簡単に給料を上げる事はできません。その為、例えば「今の給料では自分の理想とする生活を送れず、貧困に苦しんでいる」、「家族が増える、家族の進学等でお金が必要」といった理由は効果的です。

 

身体的な理由

病人相手には誰でも引き止めにくいものです。

「胃潰瘍やうつ、適応障害等の病気になってしまった」、あるいは「ストレスで眠れない」といった身体の異常を訴えましょう。

 

家庭の事情

他人の家族の事情に口出しする事は気が引けるものです。

家族の病気を疑う事は不謹慎と考え、詳しい事情は聞かれません。

「親が体調を崩し、自分が面倒をみないといけなくなった」「実家に帰る事になった」という事を退職理由にすると良いでしょう。

 

退職理由を上司に伝える際の注意点

会社辞めたいという旨を上司に伝える時の注意点としては、当然ですが、すぐにバレるような嘘をついてはいけないという事です。

留学が決まったという嘘をついたのは良いものの、「どこの国に行くの?」「費用はどれくらいかかるの?」などと突っ込んだ内容を聞かれて、答えられないという事になれば、嘘を突き通す事は難しくなります。

また、決して会社の悪口を言ってはいけません。

言っても仕方の無い事を言うのは、ただ上司に不快な思いをさせるだけです。

悪い印象を与えてしまい、転職後の企業から問い合わせなどがあった場合には、損をしてしまうという事になるかもしれません。




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト