30代の転職は不利?採用担当者の本音は?30代は即戦力が求められる!






30代になると仕事にも慣れてきて、さらに給料をアップさせたい、キャリアアップしたいと考えるようになります。

しかし、30代の転職は20代の頃とは違い、なかなかうまくいかないという現実が。

転職する人の平均年齢は「32歳」です。

20代の転職は多く、30代前半での転職も成功率は高いようです。

しかし30代の転職になると、20代の転職の時とは違うことが求められます。

やはり30代となると「即戦力」が求められます。

そのため、転職の時に全く違う業種などになると不採用になる確率が上がります。

採用担当者も、30代であれば採用してすぐに活躍してほしいと求めます。

20代の頃のように教育しようとなはならないのです。

またこれは40代50代の転職の時に懸念される「固定概念」も含まれてきます。

キャリアがあればあるだけ、経験で行動する人が多く、新しいことを覚えようとしたり、新しいやり方を学ぼうという姿勢があまりありません。

採用担当者は柔軟に考えてくれて、職場に馴染む人材を求めています。

また30代の転職の時には、マネージメントの経験があれば有利になります。

管理職の経験があると、即戦力にもなり、また経験豊かでアピールすることも十分可能です。

30代の転職は20代の転職とは異なります。

ある程度の社会経験を活かしてアピールすることが必要です。




sponserdlink

会社員でも簡単に投資でお金を増やす方法はあります!

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト