会社から損害賠償を請求されたら?労働基準監督署か弁護士に相談!






前回、雇用する側は労働者から違約金や損害賠償を請求することは違法であると記事にしました。

退職時に会社からお金を請求されたら?それは法律違反です!

しかし、中には損害賠償が認められるケースもあります。

それは明らかに会社に損害を与えた場合などです。

例えばプロジェクトの責任者になったにも関わらずすぐに退職をし、取引先との契約が破断となった、というケースの場合は明らかに会社に損害を与えたことになります。

そのような場合は損害賠償が認められるようです。

また損害賠償以外にもお金を支払わなければいけないケースがあります。

自分が希望した研修を会社が費用を負担して受けたが、条件として一定期間勤めることによって支払いが免除される、というような約束をした場合です。

この場合は、会社が定めた期間内に退職をした場合、研修費用を「返金」しないといけなくなるかもしれません。

しかし、ほとんどのケースが従業員が会社にお金を払うということはありません。

もしお金を請求された場合は労働基準監督署か弁護士に相談するようにしましょう。

仕事をやめたい、会社を辞めたいと思っている人へ!ぜひ読んでください!




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト