退職を伝えたら2週間で退職できる!退職できない理由はありません!






たまに退職を伝えても会社を辞めさせてもらえない、認めてもらえないと悩む人がいます。

しかし、退職には会社の許可は必要ありません。

これは民放で定められています。

民法第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

もちろん「じゃぁ、2週間前に言って辞めればいいのか」ということではありません。

本来、会社を辞める時は就業規則に従って、1ヶ月前、2ヶ月前に伝えることが普通です。

そして引き継ぎをしっかりとして、自分が退職した後に会社に迷惑がかからないようにする。

これは社会人としての一般常識でありモラルです。

2週間後の退職というのは、最終手段であることを忘れないでください。

退職を伝えているのに、退職させてもらえない場合や、退職を拒否された場合などの最終手段です。

基本的には認めてもらえますが、ブラック企業などの場合は認めてもらえない場合があります。

しかし最初に書いたように、退職の拒否権は会社にはありません。

まずは退職の意思を伝えて、それでも拒否をされたら2週間後には辞めて良いという法律になっています。




sponserdlink

退職理由はウソを言う?本当の理由を言う?円満退社しようね!

退職したいけど認めてもらえない場合は?どうしたらいいの?

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト