会社を辞めたいと思ったときの正しい考え方って?自分を客観的に評価しよう!






優秀な人が会社を辞めて転職する時というのは「この会社ではもう自分の成長はできない」と思った時です。

そのため、人材育成に力を入れている会社は優秀な人材には優秀な上司をつけて、常に成長の機会を与えるようにしています。

優秀な人材ほど、自分の成長を求め、成長できる環境に身をおこうとします。

転職しようとすれば、昇給や昇進などの好条件を提案されることになるでしょう。

優秀な人材がなかなか外部に出てこないのはこのような背景があるからです。

何が言いたいのかというと、例えばやりたい仕事をやらせてもらえない、求める環境においてもらえない、という不満がある人は、まだ会社から評価されていないということです。

例えば、その人が会社を辞めたいと言っても引き止められることはあまりないでしょう。

自分を客観的に評価することが大事です。

「今の仕事」でどれだけの成果をあげることができたでしょうか。

成果をあげないまま、不平不満を言っていても意味がありません。

そのような人は転職をしても、また転職を繰り返すことになるでしょう。

もちろん、ブラック企業なのであれば速攻で辞めることをお勧めしますが、会社を辞めたいと考えた時に、自分を客観的にみて、今の仕事で十分な成果を出せているかを考えるようにしましょう。

自分も会社も認めるほどの成果を出しているのであれば、きっとあなたの希望は通りやすくなるはずです。




sponserdlink

会社員でも投資をして副収入を得よう!会社員でも投資を始める時代です!

仕事をやめたい、会社を辞めたい人、どうすればいいか教えます!参考にしてください!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト