実在するブラック企業の実態とは!ブラック企業の多い業種は?






ジャパンビバレッジの「有給チャンスクイズ」でブラック企業っぷりが明らかになったサントリーグループのジャパンビバレッジ。

有給チャンスクイズとは?

日本ではサービス残業やパワハラ、セクハラが蔓延しています。

なぜこんなにも改善されないのでしょうか。

ブラック企業はたくさんあり、こんな人もいました。

幼稚園の先生をしていた女性が、運動会前だからという理由でおばあさんの葬儀に参列させてもらえなかったようです。

確かに運動会前は忙しいのはわかりますが、身内の葬儀に出してもらえないなんて。




sponserdlink

ブラック企業で多いのは、過重労働、サービス残業です。

1日12時間労働をすると過労死ラインとされている月80時間の残業になります。

しかし残念ながら1日12時間以上働いている人はたくさんいるのが現状です。

電話番を理由に昼食を外に食べに行かせてもらえないという人も。

また、サービス残業をしている人も多くいて、毎日残業をしているのに残業代なんて出たことがないという人も多数。

その人は、残業時間を含めて時給計算すると、なんと自分の時給が350円になったそうです。

さすがにバカらしくて辞めたと書かれていますが、辞めて正解ですよね。

ブラック企業はまだまだあります。

冠婚葬祭であろうが休みをもらえたことがない、という人も。

また、体調が悪く会社に休みたいと伝えても「ダメだ」と拒否をされ、しんどい身体で頑張って出社するも熱は40度に。

それでも帰らせてもらえず床に寝転んで休憩を取りながら仕事をしたという人も。

他にもいろんなブラック企業の実態はありますが、一つ言えることは、

ブラック企業は速攻辞めるべき

ということです。




sponserdlink

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト