ブラック企業は今すぐ辞めよう!ブラック企業で働く理由はない!






最近はブラック企業という言葉がよく使われていますね。

しかし、働き方改革が注目をされ、ヤフーや佐川急便が週休3日を導入するなど新しい働き方が注目されています。

ただ給料が安くなる、勤務時間が長くなるという弊害もあるようです。

またこのような働き方改革が進んでいる中、ブラック企業もまだまだ存在しています。

残業が月に100時間を超える、月の休みが3日など。

調べによると週休1日の会社は5%以上あるようです。

週休1日になっている業種で多いのは、建設業や運送業、飲食業など。

これらの業界では10%以上の会社は週休1日になっているようです。

そんな人たちからすれば、週休3日なんて現実的に思えないでしょう。

これらのブラック企業が存在する理由はいくつかありますが、ひとつは人材不足。

人が足りない、けど人件費は増やせない。

だから既存の人材に負担が行き、長時間労働になるケースです。

しかし、だからこそ週休3日を導入することで採用をしやすくしているそうです。

給料が減るなどのデメリットはありますが、企業からすれば採用できればいい、ということでしょうか。

結局は、角度が変わったブラック企業であることには変わらないように思います。




sponserdlink

従業員を駒扱い

ブラック企業の中には、経営者、上司によるブラック化もあります。

従業員や部下を「私物化」し、使えるだけこき使う経営者や上司。

命令に従わなければ怒鳴りつけ減給などの処罰を与える。

とにかく罵声を浴び続けることで考える思考能力を停止させようとするのです。

このような会社はなぜ存在するのでしょうか。

日本では、仕事を途中で投げ出すことを良しとしない文化があり、働き続けることが美徳という文化があります。

それが過労死や、ストレスでのうつ病に繋がっているのです。




sponserdlink

ブラック企業はさっさと辞めよう

ある程度の残業、仕事のミスによる叱責は仕方のないことでしょう。

しかし、慢性的に長時間の残業があったり、パワハラ、セクハラのある会社、つまりブラック企業なのであれば即刻辞めてしまいましょう。

辞めても次の仕事は見つかります。

できれば、退職前にこちらの記事を読んでください。

→ 転職前に読んでください

また、副業投資などの副収入を事前に確保することもおすすめです。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト