入社3年以内に会社を辞める人の特徴とは?どんな人が辞めるの?






最近は、新卒入社でも数日や数ヶ月で退職をする人がいます。

仕事をすぐに辞めるのは「根性がない」「仕事ができない」と言われます。

最近では、高学歴でもすぐに退職する新卒入社も増えているようです。

なぜ彼らはすぐに会社をやめてしまうのでしょうか。




sponserdlink

3割以上がすぐに退職している

新卒入社後3年以内に退職をする人は3割以上いるそうです。

単純に3年後には3人に1人が辞めている計算になります。

なぜこんなにも多くの退職者がいるのでしょうか。

中にはブラック企業だったため、退職を余儀なくされた人もいます。

しかし、転職アドバイザーによると早期退職の原因は「本人」にあるそうです。

3年以内に退職をした人のアンケートによると、退職理由は以下のようなものが多かったそうです。

・仕事を教えて貰えない

・教育体制が整っていない

・自分が成長できないと感じた

・叱責された

・残業が多い

・やりたい仕事じゃなかった

これらの理由を挙げる人の特徴は「自分の考えが中心」であり、自分が変わらずに環境を変えようとすることです。

このような人は、自分を変えるつもりがないので、周りの人や環境のせいにしがちです。

このような理由で退職をする人は、転職先を見つけてもまた同じ理由で退職をするので転職先を紹介しないそうです。

当然短期転職を繰り替えす人は企業からも敬遠されます。

 

教えてもらうことは当たり前ではない

仕事をする上で、教えてもらうことを当たり前と思っている人がいます。

また自分が仕事ができないことを教育されていないからという人もいます。

確かにある程度の教育は必要ですが、あくまで会社ですので「教育」と「指示」があります。

自分勝手に自分の都合だけを考えている人は考えを改める必要があります。

会社はあなたを教育することで売上をあげているわけではなく、教育をしてくれている人にも「仕事」があります。

教育を受けるという受け身だけでなく、しっかりと仕事を自ら率先して覚えようとする意思が必要です。

 

周りの環境を羨ましがる

自分の職場や環境と、友人から聞く話やネットの情報を比較して自分の環境が悪いと思う人がいます。

そして、周りの人の環境の「良いところ」だけにフォーカスして、他の道へ進もうとします。

今の自分の環境が悪い、と決めつけてより楽な方へ、楽しそうな環境への転職を希望する。

このような人も結局同じことを繰り替えすことになるでしょう。

 

ちょっとの挫折で心が折れる

ちょっと仕事で失敗しただけで心が折れて「逃げる」という選択をする人もいます。

こういう人は、毎回決まったルーティンワークはできますが、自分で考えるタイプの仕事に対応できません。

また自己愛が強く、周りの人と共同作業ができない場合が多いです。

会社は学校とは違い、勉強ができるだけでは仕事はできません。

組織の中でコミュニケーションを取り、いくつものトラブルを乗り越える必要があります。

そのトラブルの壁に当たる度に転職を繰り返していては仕事は見つかりません。

仕事として、壁を乗り越える自力が必要です。

 

言うことだけ立派

理想や希望は大いに語る割に、努力が行動が伴っていない人がいます。

そういう人は自分の希望だけを通そうとするタイプで、楽そうな仕事ばかりを選ぶ傾向にあります。

一丁前に理想な希望については語る割に、そのための努力をせず行動をしないのです。

当然結果は伴わないのですが、それを環境や周りのせいにする人が多いです。

このようなタイプの人も転職をしても同じことを繰り返すでしょう。




sponserdlink

自分の成長を第一に

早期退職する人に一番足らないのが「自己成長意欲」です。

自分が努力し、その努力を継続させる。

自ら学び、成長をしようとする意識です。

この意識がない人は早期退職をするパターンに入ってしまいます。

 

自ら学ぶ姿勢

教えてもらう、教育をしてもらうことを当たり前と思わずに、自ら学び教えを請う姿勢が大切です。

誰もが「丁寧に教えてもらって当然」というような態度の新人に丁寧に教えようとは思いません。

学ぶ姿勢があり、意欲的あれば教育する方も教えがいがあるのは当然です。

 

周りの環境を気にしない

周りの環境の良い場面ばかりを気にしている人は、全ての物事は平面ではなく立体であることを知るべきです。

良いところばかり見るのではなく、悪い部分も必ずあります。

総合的に観察をしなければいけません。

また、自分と他人を比較して自分の環境を嘆くのではなく自らを環境に適応させる努力も必要です。

 

できることを増やす努力

誰だって、なんだってそうですが、最初からうまくできることなんてありません。

試行錯誤し、時には失敗をすることで学び、

「できないことをできるようになる」

のが仕事です。

これは仕事だけではなく、全てのことに言えることだと思います。

まずはできないことをできるようにすればどうすればいいのか。

自分で考え、努力する必要があります。

 

努力と行動で変わる

理想や希望ばかりをいうだけでなく、それに伴った努力と行動が必要です。

今の仕事をより効率的にする、より精度を上げるなど自分で考え努力をしましょう。

それだけでも自己の成長に繋がりますし、会社からも評価されるようになるはずです。

 

環境ではなく自分を変える努力

このように早期退職をする人のタイプは、環境や周りの人への不平不満が多いです。

まずは自分が成長し、変わる努力が必要です。

そうしないといつまで経っても転職を繰り返すことになってしまいます。

それにできるだけ早く気づき、自己成長をすることに意識を向けましょう。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト