営業の仕事をやめたいと思ったら?営業以外の仕事に就きたい!






営業の仕事は、ある人にとっては天国です。

しかし、ある人にとっては地獄のように感じる職種です。

関連記事

→ 営業の仕事が辛い、嫌だと思っている人

営業というのは、ある人にとっては、自由もあり給料も良い

最高の職種だったりします。

しかし、営業という仕事を「向いてない」「もう嫌」という人もいます。

この記事では、営業の仕事を辞めたいと思っている人のために、

読んで頂きたい記事です。




sponserdlink

なぜ営業をやめたいのか

おそらくこの記事を読んでいただいている方は、

営業の仕事をやめたいと考えていると思います。

まず、ここで、

なぜあなたは営業の仕事をやめたいのでしょうか。

なぜやめたいと思うようになったのでしょうか。

自分の中で整理はできていますか。

とにかく辛い、嫌なんだ、というのは理由になりません。

今後のためにも営業をなぜやめたいのか、自分自身把握しましょう。

 

営業ノルマがきついからやめたい

多くの営業には「ノルマ」があります。

このノルマというのはすごくネガティブに捕らえられていますが、

ノルマというのは「目標」という意味です。

目標があること自体は決して悪くありません。

しかし、その目標をクリアすることを楽しめない人には辛いものです。

目標達成意識のある人は、やる気の原動力になります。

 

人間関係が嫌だからやめたい

社会に出れば誰もが人間関係を築く必要があります。

特に営業の仕事は人と会う機会が多い職種です。

人間関係の構築、コミュニケーションが苦手な人は

営業という仕事は辛いものでしょう。

 

結果での評価が嫌だ

営業というのは良くも悪くも全て数字で判断できます。

目標を達成できれば、その分評価してもらえますが、

悪ければ評価もされません。

「頑張ったけど」は社会では通用しません。

社会というのは過程よりも結果を重視しますから。




sponserdlink

営業をやめた方がいい人

営業はスキルです。

特別な技術などないように思われがちですが、そんなことはありません。

営業スキルは誰も持っているものではありません。

その人の努力と試行錯誤の賜物なのです。

営業に不向きな人もいます。いくつか例を挙げましょう。

 

コミュニケーションが苦手

営業の仕事は商品を売るだけでなく自分の売り込みも必要です。

だから同じ商品を売っていても、売れる人と売れない人がいるのです。

自分を売り込むにはコミュニーケーションが必要です。

そのコミュニケーションが苦手なのであれば営業には向いていないでしょう。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

 

メンタルが弱い

人と会うということは、誰もが多少なりのストレスを感じます。

まして営業であれば、責任もあり余計にストレスの多い職種です。

メンタルの弱い人には営業は向いていないでしょう。

 

理詰めの考えができない

営業の仕事は精神論だけではいけません。

誰に、どうやって、どのように売るのか。

戦略的に考える必要があります。

ノルマ(目標)達成のために、何をしなければいけないのか。

自分で戦略を組めることができないと営業は向いていません。

 

営業の仕事がすべてではない

営業という仕事は、昔から「花形」と言われる職種です。

会社が開発し、つくった商品をお客様に販売をする。

販売をすることで会社は売上を上げるのですから、

できる営業マンは会社にとっても優遇されているでしょう。

しかし、営業に向いていない人が営業を続けても疲れるだけです。

営業という仕事は他の職種に転職しにくいと言います。

しかし、チャンスはいくらでもあります。

まずはいくつもの転職サイトを見回して、興味を持てる職種を探しましょう。

嫌な仕事を続けるよりも新しい分野に挑戦すべきです。

なぜなら仕事というのは人生の大半を費すものです。

その仕事は有意義なものにしなくてはいけません。

→ 転職をするときのポイントはこちら

 

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト