円満退社する方法、円満退職する方法は?スムーズに辞める方法






退職を決めた時、とても大事なことがあります。

それは「円満退社」することです。

どうせ退職するんだから、と自分勝手なことをしてはいけません。

会社にも、同僚にも、多くの人に迷惑をかけることになります。

自分勝手な退職は社会人として失格です。

飛ぶ鳥跡を濁さず。

この言葉があるように、去る際には円満に退職しましょう。

入社時には「入社させてください!」と言っていたはずなのに、

退職時は自分の都合で退職するのですから。

自分の都合だけを考えるのではなく、ちゃんと会社の都合も考え、

迷惑にならないように退職するようにしましょう。




sponserdlink

退職する前に、ある程度準備が必要です。

引き継ぎや後任者を決める必要があります。

少なくとも2ヶ月前に会社に退職を意思を伝えて、

会社にも準備する期間を作ってもらいましょう。

また、退職は繁忙期は避けましょう。

ただでさえ忙しい時期に退職の手続きや採用の手続きがあると

会社に迷惑をかけることになります。

あなたの仕事内容や会社の状況などを考えた上で退職するようにしましょう。

まず、転職を決意したら転職の準備をしましょう。

理想は、退職前に次の仕事を決めることです。

次の就職先を見つけてから退職の意思を伝えることができればベストです。

転職先に「早く来て欲しい」と言われても、

責任を持って仕事をしていたので、最後まで迷惑をかけずに辞めたい。

と事情を説明すれば、納得してもらえるだけでなく、

あなたの株も上がるでしょう。

→ まずは転職先を見つけよう!ポイントはこちら

 

次の仕事を見つける前に退職をするのであれば、貯蓄が必要です。

6ヶ月分くらいの生活費は蓄えておきましょう。

その方が安心して転職活動ができます。

自己都合退社の場合は、失業手当をもらうまでに最低でも4ヶ月必要です。

退職後にお金に困らない準備をしておきましょう。

失業前に、副収入を得ていれば精神的にも安心できます。

→ 副業で副収入を得る方法

→ 投資で副収入を得る方法




sponserdlink

そして当然家族がいる人は家族へ説明し、理解してもらいましょう。

いきなり「仕事やめてきた」と言われれば誰だってびっくりします。

また事前に会社の就業規則を確認しましょう。

最低いつまでに退職の意思を伝えなければいけないのか、

退職時の手続きなどを確認しておきましょう。

ここまで準備できた時点で上司に退職の意思を伝えます。

退職届けを提出することを忘れないようにしましょう。

また退職届は提出日を記入してコピーしておくことをお勧めします。

残っている有給や仕事の引き継ぎなどについて確認しましょう。

そして引き継ぎの準備に入ります。

後任は誰にするのかを確認し、引き継ぎの準備をします。

後任の人でもわかりやすいようにまとめておくとスムーズです。

この時に転職先が決まっている人は、問題なく退職予定日に

退職できることを伝えておきましょう。

退職の2週間前には取引先やお世話になった人への挨拶に行きましょう。

後任の紹介も忘れずに行うようにしましょう。

退職日には、会社から支給されたものを返却し、

業務の引き継ぎが終わったことを確認し、

上司や同僚、後輩たちにお礼の挨拶に回りましょう。

このスケジュールであれば、円満に退職することができるはずです。

まずはこちら!3万5千人が読んだ電子書籍を無料プレゼント!

もう嫌!絶対に転職する!と本気で考えている人はこちら

収入に不満がある!という人はこちら

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

 

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト