仕事をやめたい、会社を辞めたい人、どうすればいいか教えます!参考にしてください!






この記事は仕事をやめたい、会社を辞めたいという人のために、いろんな視点から「解決」「改善」できる方法をご紹介します。

この4510ワークには毎日多くの人がアクセスをしてくれています。

その中のほとんどの人が、

「仕事辞めたい」「会社辞めたい」「疲れた」

などの検索キーワードでアクセスをしてくれています。

4510ワークでは、そのような人のためにたくさんの解決方法や、アドバイス記事を書いていますが、この記事はそれらの「総集編」になると思うので、かなり長くなります。

ぜひ時間のある時にゆっくり読んでください。

もし、今ゆっくり読んでいる時間がないという人は、ブックマークや保存をしておいて、時間のある時にゆっくり読んでいただければと思います。

きっと疲れているあなたに少しは役に立つお話ができると思います。

 

会社員は大変なんですよ

朝起きて、仕事に行く準備をして、通勤。

満員電車、渋滞、人混み。

会社について仕事の準備をして始業。

毎日仕事に追われ、やれどやれど次々にやるべきことが。

休憩も少しで、定時で帰れればいいですが通例の残業開始。

残業を終え、クタクタで帰宅。

夕食を済まして、お風呂に入って、就寝。

起きたら、また仕事の準備・・・。

これがほとんどの会社員の人の日常ではないでしょうか。

「もう嫌だ、仕事をやめたい」

「会社を辞めたら楽になるかな」

とほとんどの人が一度は「辞める」ことを考えたことがあるはずです。

そこでまずは、仕事を辞めるべき人、辞めるべきでない人についてご紹介しようと思います。

一時的な感情で辞めるのではなく、一旦冷静になるようにしましょう。

長い記事ではありますが、きっとあなたの役に立てるものだと思いますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

仕事、会社を辞めるべき人、辞めた方がいい人

会社を辞めることには抵抗があると思います。

しかし、今すぐ会社を辞めた方がいい人もいます。

まずは「うつ状態」の人。

例えば、電車を待っている最中に、ふと

「このまま電車の前に立てば楽になれるかな」

などと考えたことがある人です。

そういう人は今すぐに辞表の準備をしましょう。

「命より大切な仕事なんてこの世には存在しません」

仕事が苦痛で、仕事が原因で命を断つなんてあってはならないのです。

最優先すべきは「生きること」なのですから。

また、ブラック企業に勤めている人。

暴力を受けている、人間を否定されるように罵倒される、毎日尋常ではない残業があったり、残業代が発生しない所謂サービス残業を強制的にやらされている人。

一生続けることができないようなブラック企業であれば会社を辞める準備をしましょう。

日本人は真面目なので、会社を辞めたら他の人に迷惑がかかる、会社に迷惑がかかる、と考える人が多いです。

しかし、残念ながら、あなたがどれだけ身を粉にして会社に尽くしたとしても、会社は最終的にはあなたを助けてくれません。

業績が悪くなったり、会社に不都合になれば、すぐに「辞めてね!」と言ってきます。

会社というのはそういうものなのです。

そういう会社にあなたはどこまで尽くしますか?命をかけて尽くす義理はあるのでしょうか?

もちろん、仕事は一生懸命やるべきです。

それは、仕事の対価としてお給料をもらっているからです。

お給料がもらえないのであれば、仕事をする意味も必要もありません。

会社との関係性は、あなたが思っているよりもずっとドライなのです。

「うつ状態」「うつ病」の人は今すぐ会社を辞めましょう。

「ブラック企業」に勤めている人は会社を辞める準備をしましょう。

もう嫌!絶対に転職する!と本気で考えている人はこちら

それ以外の人は、次の「会社を辞めるべきでない人」を読んでください。

 

仕事、会社を辞めるべきでない人とは?

こんな人は会社を辞めるべきではありません。

・なんとなく仕事に飽きている人

・会社に不満がある人

・給料が安いと感じている人

・激務に追われて疲れている人

などなど、これらの人は会社を辞めるべきではありません。

少なくとも「今すぐ」会社を辞めてはいけません。

ひとつひとつ紐解いていきましょう。

そして、

 

なんとなく仕事に飽きている人

これは、入社して数年経過した人が必ず陥る時期です。

毎日繰り返しの仕事で、やりがいを感じていない。

特段理由はないけど、変化のない毎日に意味を見出せない。

人生はこのままでいいのか、と考えてしまう。

実はこれらを考えるのはあなただけではありません。

多くの人が同じように考えて、同じ悩みを持っています。

どうすればいいかは、これから後の項目でご紹介しますが、これらの考えで会社を辞めようと思っている人は、絶対に辞めてはいけません。

 

会社に不満がある人

勤めている会社に不満があるから、会社を辞めようと考えている人は少し考え直しましょう。

人間関係が、給料が、待遇が、などなど。

はっきり言って、どこのどんな会社に勤めても多かれ少なかれ「不満は必ずあります」。

不満があるから会社を辞める、ということをしてしまえば、次の勤め先でも「不満があるから」と会社を辞める羽目になるでしょう。

会社に不満があるから会社を辞めたいという人は、まずは、会社というのはどこに行っても多かれ少なかれ不満は必ずあるということを理解しましょう。

そして、その不満を解消する方法はありますので、その不満を解消するようにしましょう。(不満の解消については後で詳しくご説明します)

 

給料が安いから会社を辞めたいという人

これだけの仕事をしているのに、なんでこれだけしか給料がもらえないんだ。

そう給料に不満のある人。

というよりも給料に満足をしているという人はごくわずかでしょう。

給料が安いから他の会社に転職をしようと考えている人、残念ながら失敗します。

転職エージェントの調査によると、給料に不満があって前職を退職した9割の人が、前職よりも安い給料で転職をすることになっているということが分かっています。

転職すれば給料が上がる、というのはあまりにも楽観的な考えなのです。

給料が安くても問題なく仕事ができる方法があるので、それはまた後でご紹介します。

 

激務に追われて疲れている人

あまりの激務に心身ともに疲れた、という人。

そういう時は仕事を辞めてしまいたいと思いますよね。

ただ、少し冷静になって考えてみてください。

その激務は終わりはないのでしょうか。

もし、一時期な繁忙期で忙しいだけ、業務を改善すれば多少はマシになる、という場合は、激務で心身ともに疲れて「逃げたい衝動」になっているだけの可能性が高いです。

解決方法が絶対にない!ということはほとんどありません。

なにかしら解決方法はあるはずですので、見出すようにしましょう。

 

「すでに限界がきていて、今すぐ会社を辞めなければどうにかなってしまう」

という場合は、仕事を辞めるべきです。今すぐにでも。

しかし、そうでない場合は、いつかは辞めるにしても「今すぐ」辞めることを待ちましょう。

「辞めることはいつでもできる」ということを知っておいてください。

それでは、これから「仕事をやめたい」「会社を辞めたい」と考えているあなたに役立つ情報をいくつかご紹介します。

きっと今のあなたに役に立つはずです。

 

転職前に副業で副収入を確保しよう

会社員はストレスを抱えています。

しかし「なぜそのストレスを抱えているか」を知っている人は少ないのです。

会社員のストレスの根本的な原因は「金銭的不安」です。

会社員は仕事をすれば、給料日に給料が振り込まれますよね?

あなたはその給料のために仕事をしている。違いますか?そうですよね?

つまり、仕事をやめたら、会社を辞めたら給料が振り込まれなくなる。ということが奥深くに刻まれているのです。

だから「逃げられない」「やめられない」という考えになるのです。

もし、給料とは別に、今の給料くらいのお金が会社に行かなくてもあなたの口座に振り込まれたら?

つまり「お給料+お給料と同じ収入」があるということです。収入が2倍になるということですね。

それでもあなたは大きなストレスを抱えたままになりますか?

不思議なもので多くの人が、このように金銭的に余裕ができる状態になったら「会社のストレス」が一気に軽減されるのです。

「お金の余裕は心の余裕」と言われています。

つまり、会社をやめれば収入が途絶えてしまうということに強いストレスを抱えているのです。

しかし、会社を辞めても給料と同額の収入があれば、会社勤めそのものが非常に楽に感じるのです。

不思議ですよね、同じ仕事をしているのに。

しかし、事実、ストレスは97.7%軽減されるということが分かっています。

つまり、あなたが今するべきことは会社を今すぐ辞めることではなく「会社からの給料以外から収入を得る仕組みをつくる」ことなのです。

それは、現在の給料と同額まではいかなくても半分だったとしても大きくストレスの軽減になるはずです。

ストレス、不安、不満などから解放されるためにも副業をはじめて、副収入を得るようにしましょう。

副収入を確保しておけば、はっきり言って会社は辞めたい時に「サクッ」と辞めることができるようになります。

 

副業はオススメ!だけどアルバイトは絶対ダメ!

副業して、副収入を得るメリットは分かっていただいたと思います。

しかし、中には「副業なんてする時間も体力ないよ!」と思う人もいます。

そういう人のほとんどが、副業=アルバイトと考えているのではないでしょうか。

現に、会社員の人の多くはすでに副業をしていますが、中には副業でアルバイトをしている人がいます。

たしかに、アルバイトも副業にはなると思うのですが、アルバイトは「会社勤め」と全く同じですよね?

「時間の切り売り」です。

アルバイトって「時給」で働きますよね。

つまり、あなたの1時間を1000円で売ります、という話なのです。

逆に言えば、提供する時間がなくなってしまえば?そうです、また収入が途絶えてしまいます。

それって会社員と全く同じですよね?

アルバイトの副業なんてものは、はっきり言って「意味ない」と思っています。

副業をする時は、絶対にアルバイトを選択してはいけません。

 

副業は自分の空いた時間に好きな場所でできるものをする

副業でアルバイトは絶対してはいけません。

副業をする時の基準は、

・自分の好きな時間でできること

・場所を選ばずにできること

この2つが重要です。

ただ、実はそうなると限られてくるんですけどね。笑

そうです、もうあなたは気づいたかもしれませんが「インターネットを使った副業」をするようにしましょう。

インターネットを使った副業であれば、空いた時間、好きな時間に好きな場所で仕事をすることができます。

そのようなインターネットを使った副業について詳しく説明している記事があるので、ぜひこの記事を読んでください。

会社員が副業をするならこんな副業がオススメ

 

会社員でも投資をして資産運用する時代

副収入を得る方法のひとつとして、副業をご紹介しました。

副収入を得る方法は、副業だけではありません。

投資で副収入を得ることだってできます。

投資なんて金持ちがするものでただの会社員がしてもそんなに収入にはならない。

そう考えている人がほとんどです。

しかし、今は会社員の投資というのはかなり大きな市場になっているのです。

会社員が投資が活発になっている背景には、将来のお金の不安が一番大きな理由です。

ただ、将来のお金の不安から投資を初めたつもりが資産運用がうまくいって、そのまま個人投資家になった、なんて人も今では珍しくなくなりました。

今は、少額からでも投資できるものがたくさんあり、その少額投資からどんどん資産を増やしている会社員が多いのです。

投資に関してはふたつの記事を書いています。

どちらの記事もオススメなので、2つとも紹介します。

会社員でも投資をして副収入を得よう!

収入別、会社員でもできる投資資産運用術

どちらの記事も大人気でよく読まれている記事です。

 

副収入を得ることで得られるもの

副業と投資、2つの副収入を得る方法をご紹介しました。

このように副収入を得ることで、得られるものは「お金」です。

これまでは給料だけだった収入が、給料以外にも収入源ができることで、どんどん収入を増やすことができるようになります。

ただ、何もしなければ収入源は増えませんけどね。

当然、行動した人だけが収入を増やすことができるのです。

この副収入を得ることで得られるのは、お金だけではありません。

収入が増えることで、精神的にすごく余裕が生まれるようになります。

そうなると、今までしんどくて仕方のなかった仕事のストレスが一気に軽減されます。

そして、あなたの表情も明るく変わるでしょう。

お金の余裕は心の余裕。

収入源を増やして収入を増やすだけで、こんなにも世間の見え方が変わるか、ということを実感すると思います。

また、副業や投資をきっかけに経済に興味を持つようになって、自分に自信がついてくるでしょう。

副収入によって得られるのはお金だけではないのです。

 

会社を辞める前に転職先を決めよう

多くの人が、副業や投資で副収入を得ると、今の仕事でも疲れなくなり、ストレスも軽減されるので「辞めたい」という気持ちが一気に薄れます。

しかし、副収入を得て経済的余裕ができても、それでも「辞めたい」と思うようであれば辞めてしまいましょう。

ここで注意したいのが、いくら副収入があるからといって「もう辞めまーす」というような無計画な退社は厳禁です。

会社員の給料というのはとてもありがたいものです。

だって、仕事でミスをしても何をしても、出勤さえしておけば確実にお金をもらえるのですから。

だから、会社を辞める、と決めた時も、会社に辞表を出す前に転職先を決めてから辞めるようにしましょう。

会社を辞めることを決めると「辞めることが目的」になりがちです。

しかし、当然会社を辞めてもあなたの人生には続きがあります。

わざわざリスクを負う必要はありません。

会社員であるメリットをしっかり利用させてもらいましょう。

転職をする時にはいくつかのポイントがあるのですが、それをまとめた記事があります。

4510ワークの記事の中でも非常に多く読まれている転職に関する記事です。

転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

転職する前に知っておきたい5つのポイント




sponserdlink

仕事に対する考え方や価値観を変える

と、ここまで仕事をやめたい、会社を辞めたいという人に向けて、仕事を辞める前に副業や投資を始めて副収入を確保しよう。

そして、副収入を得れるようになって、それでも今の会社を辞めたいと思ったら転職をしましょう。

転職するなら、辞める前に転職先を決めてから、という話をしました。

ここまでがこの記事の大部分です。

ここからは座学というか「仕事ってなに」的な話になります。

会社員でも簡単に投資でお金を増やす方法

 

なんで仕事って辛いんだろう?

この日本で、仕事を楽しんでいる人ってどれだけいるでしょうか?

電車に乗ると、多くのサラリーマンが疲れた顔して俯き加減でつまらなさそうにしていますよね。

人生ってそれでいいのかな?

仕事ってなんでつらいんでしょうか?

それはきっと「考え方」なのかなと思います。

仕事というのは、どこかで「やらされている」という感覚を持っている人がほとんどです。

誰だって「やれ」と言われたらやりたくなくなりますよね。

けど、自ら望んでやっていることって苦痛じゃないじゃないですか。

私はゲームをしないのでわからないんですけど、ゲームが大好きという人は、何時間でも食べず飲まずでゲームを続けますよね。

それって自らやりたいことをやっているからだと思うんです。

それを仕事に置き換えてみたらどうでしょうか。

例えば、つまらないと思っている仕事でも、もっと改善してスピードアップできたり、もっと効率的にできないか考えてみてください。

そしてそれを実行してみてください。

もしうまくいかなければ、なぜうまくいかなかったのか、どうすればうまくいくのか試してみましょう。

このように「自主的に考えて行動」することで、楽しくなかった仕事を楽しめるようになります。

仕事を「受け身」でやると辛いまま。

「前向き」に仕事に取り組んだら、案外楽しめるもんですよ。

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

 

人間関係が嫌で辞めてしまいたい

仕事や会社を辞めたい理由で多いのが「人間関係」です。

上司、部下、同僚。

会社というのは組織ですから、多くの人で成り立っています。

「この上司嫌だな」と思った場合、辞めることは正解でしょうか。

もう一生働かなくても良いだけの貯金があるなら、辞めてしまってもいいでしょう。

しかしそんな人は本当に極々わずかでしょう。

その組織(会社)から抜けたとしても、どうせまた他の組織(会社)に所属することになります。

そして、新しい組織でも「必ず人間関係」は存在します。

つまりどこに行っても絶対に切って話せないのが「人間関係」なのです。

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

 

必要なスキルは「コミュニケーション能力」

最近、多くのビジネス雑誌やウェブサイトで特集を組まれているのが「コミュニケーション能力」です。

どれだけ学校で良い成績だったとしても、社会に出れば必ず必要になるコミュニケーション能力。

このコミュニケーション能力がなかったら社会では通用しないからです。

伝えたいことをしっかりと相手に伝える能力。

聞きたいことをしっかりと相手から聞き出す能力。

相手が考えていること、伝えたいことを理解する能力。

このようなコミュニケーション能力が社会において、一番必要なスキルと言われています。

どれだけすごい資格を持っていようがコミュニケーション能力が欠けていれば社会では役に立たないと言われてしまいます。

人間関係を理由に会社を辞める、という人はこのコミュニケーション能力が欠けている場合がほとんどです。

もちろん、パワハラやセクハラは別問題です。

ただ、ある程度の「嫌な人」「苦手な人」というのは社会に出るまでもいたはずです。

社会に出るまでは、そういう「合わない人」は避けることができましたが、社会に出ればそういうわけにもいきません。

仕事を円滑に進めるために、コミュニケーションは必ず必要です。

このコミュニケーション能力の重要性が最近になって注目されるようになりました。

会社員でも投資をして副収入を得よう!会社員でも投資を始める時代です!

 

コミュニケーション能力があれば人間関係は解決する

嫌な上司、苦手な部下、嫌いな同僚。

どこに行っても、必ずいるでしょう。

転職してもそれは変わりありません。

なぜなら、多くの人の集合体が組織であり会社なのですから。

なので、社会で働くためには、このコミュニケーション能力が必須なのです。

「自分はコミュ障だから」

と言い訳をしてしまえばそれまで。

自分が改善する気持ちがないのであれば、どうしようもありませんから。

ただ、今はコミュ障だけど、コミュニケーション能力をあげたいという向上心があれば改善できます。

なぜならコミュニケーション能力というのは、先天性のものだけではなく、身につけることができるからです。

コミュニケーション能力さえ身につけることができれば、どんな組織でもうまく立ち回れるようになります。

まずはこちら!3万5千人が読んだ電子書籍を無料プレゼント!

もう嫌!絶対に転職する!と本気で考えている人はこちら

 

上手なコミュニケーション方法を身につける

コミュニケーション能力をあげる方法については多くの本やネット記事があるので参考にして欲しいのですが、ここでもいくつかご紹介しようと思います。

まずは基本中の基本ですが「あいさつ」はしっかりするようにしましょう。

おはようございます、お疲れ様です、ご苦労様です、よろしくお願いします。

社会に出れば、ほぼ毎日使う言葉だと思います。

このあいさつひとつで、コミュ障かどうかってわかりますよね。

コミュニケーション能力のある人は、しっかり相手の顔をみて、少しニコっとした笑顔で大きな声であいさつをします。

朝、「おはようございます!」と笑顔であいさつをされて嫌な気持ちになりますか?

笑顔であいさつをされると、その人のことが気になるはずです。

その人とコミュニケーションをとりたいと思ってもらえます。

そうすれば、どんな苦手な人にでも元気にあいさつをすれば「こっちが優勢」になるのです。

たかがあいさつ、されどあいさつです。

自分はコミュニケーション能力が低いなぁ、と感じている人は、まずはあいさつから変えてみましょう。

それだけで大きく関係が変わるはずです。

苦手な人ほど、積極的にあいさつをするようにしましょう。

そうすることで、苦手でなくなることもありますよ。

 

仕事はお金のため!綺麗ごとは言うな!

あなたは、今の仕事でもしお給料がもらえないとなったらどうしますか?

もちろん辞めますよね。

お給料をもらえなくても仕事をする!なんて人はきっといないでしょう。

つまり、我々は仕事をする目的は「お金」なのです。

これは否定できません。

なぜなら、誰もがお金をもらって働いているからです。

日本では「お金」について授業がありません。

しかし、社会に出ればお金は絶対に必要なものです。

にも関わらずお金の勉強がないっておかしいですよね。

つまり我々はお金をもらうために仕事をしているのです。

それは、たくさんの給料であろうが、少ない給料であろうが変わりません。

どんな仕事であろうと、お金がもらえないなら仕事をしないのです。

私たちは「お金の勉強」を社会に出るまでしてきませんでした。

だからこそ、大人になり社会に出てから自らお金について学ばなければいけません。

いくら給料をもらうのか。

それは、仕事の対価として正当な金額なのかどうか。

このようになぜ、自分の給料がこれだけの金額なのかを考えましょう。

そして常日頃からお金の事を考えるようしましょう。

お金がないと生きていきないのです。

お金を上手に使わないと、破産をしてしまいます。

お金の勉強をせずに、お金のことを真剣に考えていない、無計画にお金を使うと言う人が借金に苦しみ、負のループに入ってしまいます。

このお金の負のループというのは怖いもので、一度入ると中々抜け出せません。

しっかりとお金に関するリテラシー(知識)を深めるようにしましょう。

お金の勉強は、実は自然に身につけることができます。

それが先ほどご紹介した副業と投資です。

副業と投資をすれば嫌でもお金の事を考えるようにします。

副業でいくら稼ぐのか、この副業の仕事の対価はこれが妥当なのかどうか。

投資であれば、いくら投資して、いくらの利回りがあるのか。

これらを考えるようになり、自然とお金の勉強になっています。

生活をするためにお金は必要なものです。

お金の話をするのを嫌がる人もいますが、それはおかしいのです。

しっかりと生活に、生きていくのに必要なお金の知識を深めるようにしましょう。

投資(株、FX、不動産)に興味がある!という人はこちら

会社員に人気の投資(投資信託系)はこちら

 

自分(と家族)のことだけ考えよう

日本人は真面目なので自己犠牲をしてまでも、会社や仕事に責任を持とうとします。

はっきり言います。

「無駄です」

すでに書いていますが、会社はあなたがどれだけ尽くそうが、見放す時は見放します。

そんなものです。

あなたが考えるべきことは、あなたのことです。

家族がいる人は、家族のことです。

まずは、あなた自身(と家族)がどうすれば幸せになるのか。

それだけを考えればいいのです。

それ以外のことは考えなくて良いです。

まずは自分が幸せになる。

そうなって、余裕が出来れば他の人や会社に対して余力を与えてあげればいいのです。

自己中心的と思うかもしれませんが、あなたは自分の幸せよりも周りの評判を気にするのですか?

自分の幸せよりも周りの評判の方が大事なのですか?

もし、自分は幸せじゃなくても周りから「良い人」と思われたい、というのであればそうしてください。

しかしそれでは、あなたが苦労するだけでしょう。

会社もそうですし、周りの人もあなたがどれだけ尽くそうが薄情な人は薄情なものです。

会社、仕事に責任を持つことは大事です。

お給料をもらっているんですから、お給料以上の仕事をするべきでしょう。

会社にはたくさんいろんなものを負担してもらっているので、貢献することは大事です。

しかし、自分が不幸になることまでする必要はありません。

努力し、頑張ることは大切ですが、最後は自分の幸せを優先するようにしましょう。

あなたの人生はあなたにしか決められないのですから。

 

仕事にはめちゃくちゃ長い時間を費やしている

いかがでしたでしょうか。

仕事や会社というのは私たちの人生において、切っても切れない関係です。

なぜなら、お金がないと生きていけないからです。

お金を稼ぐには仕事をするしかないからです。

しかし「働き方」は自分で変えられます。

よく、こんな事を言われますよね。

1日は24時間、睡眠8時間、プライベート8時間、仕事8時間。

しかし実際はどうですか?

仕事の準備、通勤時間を考えると平日の1日のほとんどが仕事じゃないですか?

実際に1日8時間の睡眠なんてとっていますか?

ほとんどの人がそんなに睡眠時間をとっていないはずです。

つまり、一生のうちで仕事をしている時間というのは非常に長いのです。

私たちは人生の多くの時間を仕事に費やしています。

そんな仕事がつまらない、ストレスだらけでいいのでしょうか。

そんな人生が幸せなのでしょうか。

そんな人生を生きたいと願っているのでしょうか。

そうではないはずです。

仕事はしなければいけない。

ただ、その仕事をできる限り楽しんで、少しでもストレスを少なく、そして収入を多く。

それこそ、本当に生きたい人生なのではないでしょうか。

人生のコントロールはあなた以外の誰にでも来ません。

他の誰かがあなたを幸せのレールに乗せてくれることはありません。

あなたが、あなた自身が行動し変えるしかないのです。

一生のうち、多くの時間を費やす仕事。

精一杯楽しんで、たくさんお金を稼ぐ。

そうすれば、きっとあなたの人生は豊かになるのではないでしょうか。




sponserdlink

仕事、会社をやめたいと思っている人へ、これだけは知ってほしい!

 

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト