面接で不採用になる人の特徴と5つの理由とは?なんで不採用になる?






書類審査は通るけど、いつも面接で落とされる。

そんな人はいませんか?

面接で不採用になる人の特徴と理由をまとめました。

 

外見で不採用にされる

まず、基本中の基本である「清潔感」です。

髪の毛がセットされていなかったり、前髪が目にかかっているなどは論外でしょう。

また、スーツにシワがあったり汚れているのも論外です。

ボロボロの靴も印象が悪くなります。

面接前に気をつければわかることができていない場合は不採用となるでしょう。

 

暗い性格、反応が悪い

表情が暗かったり、反応が悪かったり、声が小さいと採用されません。

なぜなら、そんな人とは一緒に働きたくないからです。

明るく、コミュニケーションが上手な人の方が一緒に仕事をして楽しいのは誰だって一緒。

どんな人なら採用されるか意識すればわかるはずです。

 

ビジネスマナーを知らない

時間を守らなかったり、基本的なビジネスマナーを知らない人も不採用になります。

挨拶を大きな声でして、敬語で話し、相手の目を見て話す。

社会人としてあるべき最低限のことはできないと採用されることはないでしょう。

 

話し下手

何を言っているのか分からない、要点がまとまっていないなど話をするのが下手な人も採用されません。

話し下手というのは、仕事にも影響します。

要点をまとめて必要なことをしっかりと相手に伝える。

これも社会人としての一般教養のひとつです。

また質問されたこととは的外れない回答をする人も不採用になります。

聞かれたことを理解していないという理解力の無さがバレているからです。

 

準備不足

面接前には、事前にその会社のホームページなどを見て基本情報を頭に入れておきましょう。

そうしないと質問に対して答えられなかったり、採用されたいという意欲が伝わりません。

事前準備は能力がなくてもできることです。

誰にでもできることは最低限やっておかなければいけません。

 

面接というのは、書類ではなく人間性をみるために行います。

一般的な教養や常識があるかどうか。

本来、とても高い能力は面接には必要ないのです。

最低限のマナーや常識があれば面接はしんどいものではないはずです。

その一般的なことがまずはできるようにならなければ社会人として活躍することはできないでしょう。




sponserdlink

会社員でも投資をして副収入を得よう!会社員でも投資を始める時代です!

仕事をやめたい、会社を辞めたい人、どうすればいいか教えます!参考にしてください!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト