仕事のストレスを感じた時の対処法は?どうすればストレス解消になる?






ストレスと関係しているのは自律神経です。

自律神経とは振動や血液の循環など自分の意思では動かせない機能を司っています。

この自律神経がストレスと深い関係になっています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経が優位になってしまうと、血管の収縮や血圧、心拍数の上昇が起こります。

これは緊張している状態です。

反対に副交感神経が優位になると、血管が緩み、心拍数が下がります。

リラックスしている状態です。

この双方はバランスよく働くことが理想ですが、ストレスが強くなるとそのバランスが崩れることになります。

人間はストレスを受けると血管が収縮して血圧が上昇し、動悸がしたり、呼吸が浅くなったりなどの症状になります。

そのような症状を感じたら、ゆっくりと水を一口飲むと緊張を和らげることができます。

ゆっくりと水を飲んで深く深呼吸をすると自然に呼吸が深くなり副交感神経が活性化します。

仕事でストレスを感じた時などは水を一口飲んで深い呼吸を意識するようにしましょう。

また、気分が落ち込んだときなどは体を動かすことによって血流が上がり、冷静になることができます。




sponserdlink

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト