「ドイツ人は残業しない」は嘘!普通に仕事して残業もしています!






ドイツには残業という文化がない。

それでも経済は好調。

そんな噂を聞いたことがあると思います。

しかし、残業しないということは場合によっては納期が遅れます。

つまり仕事をほったらかして帰っているということです。

そんなことがあると思いますか?

ヨーロッパでは仕事が少ない、残業しない、みんな休むというような話をよく聞きますが、そんなわけはありません。

実際は「ドイツは残業が多い国」です。

ドイツの人は「日本ではドイツにそんなイメージを持っているの?」と驚くそうです。

実際、残業は普通にあり、サービス残業だってあります。

日本ほどは多くありませんが、1日1、2時間は普通に残業をしているようです。

当然、仕事を残して途中で帰るような人は出世しませんし、ドイツ人も出世して昇給したいのです。

仕事は終わってないけど帰ります。なんてことはいるはずがないのです。

どこに国でも、しっかりと仕事で成果をあげ結果を出そうと努力しています。

もちろん管理職にもなると残業はよくある傾向のようです。

ドイツは実力主義と思われていますが、成果を出すために多くの人が努力をしています。

ドイツには、残業を2時間したら他の日で2時間早く帰るなどの調整はあるようです。

日本では「良い面」だけを誇張して認識しているだけのようです。




sponserdlink

仕事をやめたい、会社を辞めたい人、どうすればいいか教えます!参考にしてください!

会社員でも簡単に投資でお金を増やす方法はあります!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト