売れない営業マンの5つの特徴とは?売れない営業マンはこんな人!






営業という仕事は、売れる人は難なく売上をあげています。

しかし逆に売れない営業マンは頑張っているのに全く成果が出ない。

なぜなのでしょうか。

この「売れる営業マン」「売れない営業マン」の違いについて調べてみました。

すると売れない営業マンの特徴がわかりました。

 

清潔感のない営業マン

営業の仕事は相手に好印象を与えなければいけません。

また重要なのは相手を不快にさせない、というところです。

営業マンはお客様と話をするときに、印象が悪くなるとそこで結果が出てしまいます。

重要なのは清潔感。

しわくちゃなスーツではなく、パリッとしたスーツ、シャツを着る。

ネクタイもだらしなく締めずに、しっかしと締める。

体臭や口臭にも気を使いましょう。

臭いというのは自分ではなかなか気づかないものです。

また、臭いを気にしすぎて香水をつける人がいますが、それもダメです。

売れる営業マンは「においがない人」です。

清潔感があれば信用もされますし、相手に好感を持ってもらいやすいです。




sponserdlink

距離感のない営業マン

近くで喋られるとうざいですよね。

逆に離れて喋られても不快感を感じます。

自分とお客様との間に「適度な距離感」が必要なのです。

また、精神的な距離感も必要です。

当然、馴れ馴れしのはダメですが、かといってよそよそし過ぎるのも親近感を持てません。

プライベートな話や談笑はしつつもあまり相手の懐に入らないように気をつける。

このように「空気を読む」能力が営業マンには必要です。

 

信用できない営業マン

話し上手で商品説明も上手な営業マンでも信用されない場合があります。

それは、時間を守らない、約束を守らない、期日を守らない営業マンです。

時間を守るのは社会人とし当たり前の行動です。

また、何かを約束したときにその約束を守れるかどうか。

期日がある仕事をしっかりと守れるかどうか。

これらが守れない営業マンは信用されません。

信用されない営業マンは成果をあげることもできません。

それくらい信用というのは大事なのです。

コツコツと信用をつけていくしかありません。

そうすることで「君なら安心」と信用してもらえるようになるのです。

 

継続できない営業マン

毎日同じことをするにしても、しっかりとこなせる。

これは簡単そうで意外にできない人が多いのです。

継続は力なり。

という言葉があるように、継続をすることを得られるものがたくさんあります。

しっかりとやるべきことを繰り返し、また繰り返してもしっかりとできる。

この継続によってお客様との関係が出来上がっていくものです。




sponserdlink

自分がない営業マン

商談をしていても商品やサービスの説明だけ。

どう良いのか、どう使うのかの説明の繰り返し。

これでは商品は売れません。

営業の仕事は商品ではなく自分を売り込むことです。

その商品を使うことによって相手は何を得られるのか。

なぜ、この商品を購入すべきなのか。

また、なぜあなたからその商品を購入した方がいいのか。

このように商品やサービスを売り込むのではなく、あなた自身を売り込むことでお客様は納得して購入してくれます。

どんな商品やサービスでも、人と人です。

売れる営業マンというのは、人との関係作りが上手なのです。

 

いかがでしたでしょうか。

売れない営業マンの特徴をあげてみましたが、当てはまりましたか。

多く当てはまった人も、いきなり全てをこなすことはできなくても、ひとつひとつできるように努力しましょう。

そうすることで「売れる営業マン」になれるはずです。

 

会社員でも簡単に投資でお金を増やす方法

仕事をやめたい、会社を辞めたい人、どうすればいいか教えます!参考にしてください!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト