お祈りメールへの返信は必要?返信した方がいいメール、しなくていいメールがある?






就活生の中で「お祈りメール」と言われている不採用通知。

「ますますのご活躍をお祈りしております」

と書かれているメールはどこの会社も同じでお祈りメールと呼ばれるようになりました。

このお祈りメールへの返信は必要なのでしょうか。

社会人としてメールが届いたら返信をするのは常識ですが、このような場合は返信をすべきか悩みますよね。

結論から言うと、返信した方がいいメールと、返信しないでいいメールがあります。

どのような違いがあるのかご紹介します。




sponserdlink

返信した方がいい場合

お祈りメールとは、不採用通知です。

わざわざ返信する必要はないと思いますが、そのメールの内容によっては返信をした方がいいでしょう。

それは、個人的にあなたに送られた文章があった場合です。

個人的な心遣いや応援を感じた場合は返信をした方がいいでしょう。

また、質問のようなメールがあった場合は返信をするようにしましょう。

 

返信が必要ない場合

定型文のような不採用通知であれば、返信をする必要はありません。

特に一次面接、二次面接など、最終面接まで行ってない段階でのお祈りメールは返信の必要はないでしょう。

企業は不採用者に一斉配信をしている可能性もあります。

その場合、返信があると迷惑になる可能性もあります。

 

返信するべき?困ったら

届いているメールは不採用通知ですから、返信をしなくても問題はありません。

また、返信をしたとしても、その後企業側から返信があるとも限りません。

お祈りメールが届いたら気持ちを切り替えて次の仕事を探した方がいいと思います。

就職活動は忙しいものです。

返信するよりもやるべきことはたくさんあります。

自分の中で返信をすることでリセットすることができるのであればしてもいいと思いますが、お祈りメールは基本的に返信は必要ないと思っていいでしょう。




sponserdlink

返信すべきメール

基本的にはお祈りメールには返信は必要ありませんが例外もあります。

例えば、最終選考まで残っていた場合は返信する方がいいでしょう。

ひとつは感謝の気持ちを伝えること。

そしてもうひとつは、もしかすると他の人が内定を断るなど枠が空いた時に優位になる可能性があるからです。

また、担当者の人と個人的に交流があった場合などもお礼のメールを返信するようにしましょう。

その場合は、長文ではなく簡潔にまとめて送ることを心がけてください。

再応募の可能性がある企業であれば、メールの返信は必ずするようにしましょう。

再応募の際に再考する時にあなたを印象付けておいた方がいいです。

これはあまりオススメはしませんが、どうしても不採用の理由が知りたい時は返信してもいいでしょう。

これからの就職活動のために知りたい気持ちはわかります。

ただあまり返信は期待しないようにしましょう。

会社員でも簡単に投資でお金を増やす方法

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

Google,Yahoo!,goo,Bing,livedoor

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト