営業マンは適当に仕事をした方が結果が出る!少しは力を抜いてみよう!






一生懸命仕事をしているのに、なんで適当な感じのあいつの方が結果が出るんだ。

確かに仕事は真面目にやるべきです。

しかし、たまにはリラックスして仕事をしましょう。

ある営業マンの話。

必死にやっていた時は全然アポが取れなかったのに、適当にやりだしたら取れるようになったそうです。

適当という言葉には語弊があるかもしれませんが、ある程度力を抜いてリラックスした方が良い結果が出ることもあります。

リラックスして力を抜いたことによって、多少フランクな方が印象が良くなったり。

逆に必死な感じが相手に伝わって相手が引いてしまうことも。

適当さは本当に微妙なニュアンスになるようです。

営業の場合は、契約を獲りたい!という気持ちが相手に伝わってしまいます。

それよりも、和やかな雰囲気で話をした方が相手も乗りやすくなります。

営業でなかなか結果の出ない人は、少しリラックスしてみてはどうでしょうか。

ただ、適当というのはサボるという意味ではありません。

必死にやるのではなく、余裕を持って営業することで良い結果が出ることもあるということです。




sponserdlink

転職する前に!注意すべき5つのポイント!知らずに転職するのは危険ですよ!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト