通勤時間は短い方がメリットは多い!通勤時間が長いと損ばかりです!






あなたは通勤時間にどれくらいの時間を費やしていますか。

平均的な通勤時間は1時間から1時間半のようです。

ある会社員の人が、通勤時間を減らすために勤務地の近くに引越しをしたようです。

そして通勤時間が短い方がメリットが多いことに気づいたそうです。

ここでは、通勤時間を短くするメリットについてご紹介しようと思います。

 

体調が良くなる

電車やバスを使っていると、体調を崩しやすくなります。

それが長時間になればそのリスクは大きくなります。

勤務地が近くなればその分リスクは軽減され、体調を崩すことが減るようです。




sponserdlink

トラブル回避ができる

公共交通機関を利用していると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

世の中には変わった人も多いですから。

例えば、痴漢の冤罪リスクもありますよね。

このようなリスクも通勤時間が短ければ短いほど回避しやすくなります。

 

生活に余裕が出る

勤務地が近くなると、必然的に朝もゆっくりになり、仕事が終わった帰宅時間も短くなります。

その分生活にも精神的にも余裕が出るようになります。

例えば、片道30分早くなれば1日で1時間の余裕が生まれます。

それを毎日繰り返すのですから1ヶ月で1日分の余裕が生まれることになります。




sponserdlink

ストレスが減る

通勤時間というのは混雑をしていてストレスが多くなります。

毎日満員電車になるとそれだけですごいストレスですよね。

通勤時間が短ければ短いほどストレスも軽減できます。

 

勤務地近くに住むと家賃が高くなると思っている人も多いですが、探せば良い物件が多くあります。

また、多少家賃が高くなってもその分生活に余裕ができ、上がった家賃分のメリットは十分あるようです。

時間に余裕ができれば、副業投資などの副収入を得る機会も生まれます。

通勤時間の無駄は積み重なれば何日、何ヶ月分、何年にもなります。

通勤時間は短い方がいいですよ。

副業して副収入を得よう!給料以外の収入があればストレスも軽減し経済的にも余裕ができます

会社員でも投資をして副収入を得よう!会社員でも投資を始める時代です!

関連コンテンツ



大人気の退職代行サービスって?



【大人気】よく読まれている記事はこちら






今、他の人はこの記事を読んでます

即日融資可能なキャッシング業者を紹介!

 



あなたにオススメ

おすすめサイト更新情報


婚活情報サイト